HOME >> 段ボールから環境を考える >> 環境問題の1つ"地球温暖化"

環境問題の1つ"地球温暖化"

環境問題の1つ"地球温暖化"というのは地球の表面を取り巻いている大気や、海水の平均温度が長い年月をかけて徐々に上昇していく現象のことを言います。

そして多くの専門家たちは、その原因について「石油や天然ガスといった"炭化水素燃料"を人類が盛んに用いるようになった結果大気中に二酸化炭素の量が増えて、それらの温室効果ガスが太陽からの熱を封じ込めてしまうことによって、このような地球環境にとって好ましくない状態が作り出された」と考えています。

そして、今の私たちが個人単位でできることと言えばエアコンに依存する生活を改めたり、エコドライブを心がけたり、また、家庭ごみとしてよく出る段ボールを資源ごみとして回収してもらってリサイクルのシステムにのせることなどで、微々たる貢献しかできないのを感じますね。

けれどもたとえば段ボールを焼却処理しないでリサイクルすることによって、発生する二酸化炭素を削減することができます。

そして、これらを国民単位で実行することによって、その効果は数年後、数十年後には必ず表れてくるはずです。

今は目に見えなくてもコップに徐々に水が溜まって行って一定の量に達すると初めてこぼれ始めるように、私たちの努力の1つ1つは確実に地球環境をよくすることに貢献しているのです。


段ボールから環境を考えるは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、段ボールから地球温暖化の原因や今後の取り組みについて解説しています。