HOME >> 段ボールから環境を考える >> 家庭の環境問題対策

家庭の環境問題対策

家庭から排出される二酸化炭素も年々増える傾向にあり、私たち国民の一人一人が二酸化炭素削減への意欲をもって取り組むことが期待されています。

まずは手近なところから、「エアコンは冷房温度を1℃上げて、暖房温度を1℃下げる」、「購入の際には省エネ対策の施された製品を選ぶ」、「待機電力を節約するために使わない家電製品はもとよりテレビや電子レンジのコンセントまで抜くようにする」、「シャワーは出しっぱなしにしないで溜め湯にする」、「スーパーなどの買い物ではレジ袋はもらわないようにする」、「アイドリングをなくす」などですが、これらの取り組みによって二酸化炭素が削減されるだけでなく家計の光熱代などの節約にもなります。

さらに段ボールなどのリサイクル可能なものは、焼却処理をしないで必ず資源回収してもらうことも個人にとっては大きな取り組みの1つで、これによって"国のプロジェクト"、ひいては"世界のプロジェクト"に参加していることにもなります。


段ボールから環境を考えるは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、段ボールから地球温暖化の原因や今後の取り組みについて解説しています。