HOME >> 段ボールから環境を考える >> 段ボールのリサイクルマーク

段ボールのリサイクルマーク

ところで段ボール箱をじっくり見てみると、リサイクルが可能であることを表すリサイクルマークが印刷されています。

このマークは「段ボールリサイクル協議会」という業界団体によって推進されています。

マークの真ん中に段ボール箱を開いた図があって、その周囲をぐるっと矢印付きの円で取り囲んであり、そして上や下や右などに「ダンボール」または「ダンボールはリサイクル」という文字や入っています。

色は段ボール印刷に用いる中で識別しやすい色であれば何でも良いことになっています。

またマークの表示場所は、段ボール箱を開けて箱の処理をする人が目につきやすい場所というのが原則で、自由に決めることができます。

このマークは正式には"国際リサイクルシンボル"と言われるもので、世界共通のシンボルマークとなって殆どのダンボールに付いていますが、ワックス加工の施された段ボール箱やアルミ箔がラミネートされた段ボール箱は分離が困難なために表示してはならないことになっています。

また、無地の段ボール箱の場合はリサイクルが可能であったとしてもこのマークだけのために印刷をする必要はありません。


段ボールから環境を考えるは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、段ボールから地球温暖化の原因や今後の取り組みについて解説しています。