HOME >> 段ボールから環境を考える >> 段ボール箱ができるまで≪回収≫

段ボール箱ができるまで≪回収≫

食品から電気製品まで、殆どすべての商品の流通に欠かせない"段ボール"は、人々に利用される度合いも半端ではありません。

一般家庭や一般の会社などで排出された"一般古紙"に分類される段ボールは町内会や子供会、それに地方自治体によって依頼を受けた古紙回収業者によって回収が行われますが、デパートやスーパー、工場、それに一般家庭の引越によって大量に発生する"産業古紙"に分類される段ボールは、排出者が直接依頼した専属契約の古紙回収業者によってバッカー車での回収が行われます。

そしてそれらは古紙問屋に買い取られますが、古紙問屋が依頼を受けて直接回収に行く場合もあります。

段ボールは、回収されて受け入れされた時点でさらに新聞、雑誌、紙きれなどの異なる分類の古紙やホッチキスなどの異物の混入がないかどうかも確認されます。

そして確認後は約1トンの塊に圧縮されて、海外や国内の製紙メーカーに売られて行き、回収された段ボールはすべて新しい段ボール箱に生まれ変わっていきます。


段ボールから環境を考えるは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、段ボールから地球温暖化の原因や今後の取り組みについて解説しています。