HOME >> 段ボールから環境を考える >> 段ボール箱ができるまで≪段ボール原紙≫

段ボール箱ができるまで≪段ボール原紙≫

段ボール箱を作るための第1段階は、製紙工場で行われる"段ボール原紙"の製造です。

まず一般家庭や会社などから古紙回収業者や古紙問屋によって製紙工場に運ばれてきた段ボール古紙の塊は、 "パルパー"という水の入った大型のミキサーのような機械の中に入れて撹拌されて細かく溶かされ、次に"スクリーン"という網目状の機械に送られて砂やプラスチック、金属などの異物が取り除かれます。

こうしてきれいになった古紙の液体は"レファイナー"と呼ばれるすり鉢状のような働きをする機械に入れられてさらに繊維が細かく砕かれます。

そうして原料としての純度が高まったら、次は"ワイヤーパート"という高速で動いている網の上に流されて脱水され、シート状になったら2つの回転するロールに挟み込まれて水分が取り除かれます。

さらに蒸気で熱したロールに巻いて乾燥・巻き取りが行われ、最後に"ワインダー"という機械で幅や長さが調整されて段ボール原紙の規格品が出来上がります。


段ボールから環境を考えるは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、段ボールから地球温暖化の原因や今後の取り組みについて解説しています。