HOME >> 段ボールから環境を考える >> 段ボール箱ができるまで≪段ボールケース≫

段ボール箱ができるまで≪段ボールケース≫

次に完成した"段ボールシート" は積み上げられて、今度はベルトコンベアで段ボールケースを作る機械のあるところまで運ばれますが、そこでも段ボールシートの場合と同じくコンピュータで管理された機械で設計図通りに作られて行きます。

まず"フレキソフォルダグルア"という機械で段ボールシートへの印刷と切れ目を入れ糊づけする工程が並行して行われ、段ボールシートは徐々に折りたたまれてあっという間に段ボールケースが出来上がり、缶ジュースなどを入れる段ボールケースの場合はこの時点で型抜きが行われます。

出来上がった段ボールケースは自動で積み上げられて束ねられ、さらにひも掛けやひも掛けの終わった段ボールケースの束をパレットに積み上げるも作業も全部機械がやってくれます。

また段ボールケースの製造過程で生まれた切れ端は、焼却処理されることなくすべてかき集められて製紙工場へと送られ再び段ボール原紙の材料となるために、段ボールは1かけらたりとも無駄にされることはありません。


段ボールから環境を考えるは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、段ボールから地球温暖化の原因や今後の取り組みについて解説しています。