HOME >> 段ボールから環境を考える >> リサイクル率

リサイクル率

毎日の生活の中で、段ボールを全く見ないという日がないというくらい、生活に浸透しているのが段ボールですが、生活の中に溶け込んでいる段ボールはほんの一部で、今目の前にはない段ボールは今この瞬間にも再生資源となるための準備をしているのかもしれません。

引越で出るたくさんの段ボールだけではなく、店舗間での商品の受け渡しに使用される段ボール、通信販売や宅配便で使用される段ボールなど、段ボールが使われているシーンは豊富ですから、新たな資源として集められる段ボールはかなりの数となります。

地域や学校での廃品回収や、紙資源回収の業者などによって集められた段ボールは、古紙回収業者によってまとめられ、製紙業者で溶解されて新しい段ボールの原料となるための準備をします。

段ボールの工場では、その原料から作られた段ボールの原紙を使って、新しい段ボールに成形していきます。

日本国内での段ボールの回収率は90パーセントを超えていて、海外製の段ボールも含めると既に100パーセントを超えているのではないかと言われるほど、その回収率は高いものがあります。

現在手元にある段ボールもその原料はほぼ100パーセントが元は段ボールだったものといっても良いと思われ、それが段ボールはリサイクルの優等生と言われる所以です。

新品のできたばかりの段ボールの原料が、使用済みの段ボールだなんて、なんだか面白くて、今目の前にある段ボールになる前は、何が入っていたのかと思ってしまいます。

1つの段ボールが再生資源として繰り返すのは7回までと言われていますが、その間には段ボール箱だけではなく、緩衝材など他の段ボール製品に生まれ変わっていることがあるかもしれません。

段ボールのリサイクル率の高さは、地域や学校での廃品回収の徹底や、段ボールを再生資源として活用しようという個人の意識の高さによるものだと思われます。


この良い習慣がこの先もずっと続いていけば、段ボールのリサイクル率は100パーセントをさらに超えて伸びていくのかもしれません。


段ボールから環境を考えるは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、段ボールから地球温暖化の原因や今後の取り組みについて解説しています。