HOME >> 段ボールから環境を考える >> 付属品も変わる

付属品も変わる

段ボールは箱として使用されるだけではなく、その丈夫な特性を活かしてさまざまな付属品にも生まれ変わりますが、その形は自由自在で、意外な付属品までが段ボール素材であることに驚くこともあります。

箱ではない段ボールの代表格と言えば緩衝材で、定番の枠型や棒状、箱型などの形をよく見かけることができます。

またそのような定番型の緩衝材以外にも、品物に合わせて自由に形を変えることができる段ボールは、複雑な形状の小物などにも密着して保護することができますので、段ボールに梱包される品物を守ることができます。

発泡スチロールやウレタンなど石油系の原料を使用せずに品物を緩衝することができますから、輸送後の分別も簡単で、梱包した品物も軽量化することができます。

段ボールは平らにすればシート状になり、折り畳んで組み合わせれば立体的にもなる自由な素材ですので、必要な箇所を的確に守ることが叶います。

また、段ボールのパレットも物流では欠かせないアイテムで、軽くて、適度な強度もありますので、これまで木製のパレットに積まれていた荷物を任せても安心です。

木製パレットに荷物を乗せて外国へと運ぶ時には、燻蒸処理を必要としていましたが、段ボールのパレットならその処理もいりませんので、手間要らずになります。

大きな荷物を紐掛けして持つ時に使用する持ち手はプラスチック製のものがほとんどでしたが、段ボールでできた持ち手が見られるようになり、強度を保ったままエコな持ち手として充分に活躍しています。

プラスチック製の持ち手を使用していた時には、荷物の紐を解いた後、箱と持ち手を分別する必要がありましたが、段ボール製の持ち手ならそのまま折り畳めば一緒に廃品回収に出すことができ、再資源化する際の手間が大いに省かれることになります。

段ボールの素材を活用した付属品の登場で、リサイクルがより便利になり、環境問題にも意識して努めることができると期待が上がります。


段ボールから環境を考えるは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、段ボールから地球温暖化の原因や今後の取り組みについて解説しています。