HOME >> 段ボールから環境を考える >> 保冷・保温にも安心

保冷・保温にも安心

保冷や保温が必要な品物を送る時、発泡スチロール製の箱などを利用することもあるかと思いますが、保冷や保温が必要な品物に充分に対応することができる段ボール箱があります。

発泡スチロールの原料は石油で、限りがある資源ですが、段ボールで保冷や保温に対応できるのなら、環境に配慮した取り組みとなるので、ぜひ段ボールを選択したいものです。

また、段ボールは水気には弱いというイメージを持っている人が多いと思われ、特に保冷する必要がある品物を送りたいときには心配ではないかと思いますが、耐水性などの必要な加工が施されていますので、段ボールだから保冷や保温効果が弱いという心配をする必要は全くありません。

耐水性の加工をされた段ボールは、繰り返しての再利用も可能で、役目を終えた時には、段ボールとしてまたリサイクルすることが可能です。

発送に利用するまで、また利用後にリサイクルに出すまでの間は、畳んで収納しておくことができるという点も発泡スチロールではできなかった特徴になります。

また、保冷や保温が必要なのは食品であることが多い為、このような段ボールケースでは、接着剤を使用せずに箱を組み立てるだけでしっかりと品物を支える作りになっています。

ですから、使用する時に組み立てることも、使用後に畳んでしまうことも簡単にできるのが嬉しいところです。

保冷や保温が可能な段ボールの性能を立証するのは、実際に品物をやりとりした人たちですので、利用者が実感した効果が広まるにつれ、段ボールの保冷・保温ケースの普及も広まると思われます。

保冷・保温可能な段ボールケースは実際に使用されるまでに発泡スチロールと性能に違いがないか比べるため、試験が行われていますが、保冷が目的の場合、発泡スチロールと同じように、保冷材を入れて箱の中の温度変化を調べると、その性能に変わりはなく、段ボール箱でも要冷蔵の製品を安心して届けられることが分かっています。


段ボールから環境を考えるは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、段ボールから地球温暖化の原因や今後の取り組みについて解説しています。