HOME >> 段ボールから環境を考える >> 回収率の高さ

回収率の高さ

段ボールはリサイクル可能な再生資源の中でもダントツに優れた回収率を誇っていますが、それはどうしてでしょうか。

昔から段ボールや新聞などの紙資源は地域や業者によって回収される物という意識が高く、徹底した習慣があったので、紙資源についてはリサイクルについて特にうるさく言うことがなくても、しっかりとシステムとして機能するようになっているのです。

それは個人だけではなく、企業についても同様で、段ボールなどの紙資源についてはきちんと回収され、製紙工場などに送られるようにマニュアル化されていて、近年では特に環境問題に取り組む企業が多いため、その回収率はさらに上がっています。

これらの回収率は合わせると、既に90パーセントを超えていて、容器包装リサイクルの法律が施行される際には、そのあまりの数値の高さから、対象から除外されたほどです。

そのような法律で縛り付けなくても、段ボールは立派に回収がされるという判断があってのことになります。

まさに段ボールは、リサイクルの王様で、リサイクルの優等生などという呼び名もあるくらいですし、その回収率は近年でも年々上がっているほどです。

古紙回収の方法が昔から変わっておらず、回収のために手間がかからないという点も、段ボールを始めとする古紙の回収率が高い理由ではないでしょうか。

このような日本の段ボールを始めとする古紙回収率の高さは、海外からも感心されていて、日本の回収システムを手本として、自国のリサイクルの方法として生かそうと取り組んでいる国もあるそうです。

古紙の中でも段ボールは特に海外を行き来する素材であり、日本でも海外からの段ボールが見られ、逆に海外でも日本製の段ボールを見かけることがあります。

海外でも古紙回収のリサイクルは環境問題の観点から力を入れていますので、たとえ日本の段ボールが海外に出向いても、その国でリサイクルされて新しい段ボールに生まれ変わっていると思われます。


段ボールから環境を考えるは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、段ボールから地球温暖化の原因や今後の取り組みについて解説しています。