HOME >> 段ボールから環境を考える >> 効果的な再生の為に

効果的な再生の為に

古紙回収される紙製品には幾つかの種類がありますが、その中で雑誌や新聞が再生される時には、元の雑誌や新聞だけではなく、段ボールや厚紙なども含めた複数の原料として再生される可能性があります。

ただし、段ボールは段ボールの原料としてのみ生まれ変わりますので、他の雑誌や新聞に再生される可能性はなく、段ボールのリサイクル率が高いということは、そのまま段ボールの原料として確保される確率が高いということになります。

段ボールを新たな段ボールの原料として活用するためには、正しい方法で分別してリサイクルすることが必要です。

最近では金具の留め具がある段ボールは少なくなりましたが、できれば留め具がある段ボールは外しておくこと、ガムテープやラベルなどの付着物も可能な限り取り除いておくことがスムーズな段ボールの再生につながります。

また、段ボールに余分な紙が敷いてあったり、プラスチック製の異物などが混じっていたりすると、再生する時に除去する手間が生じたり、新たな原料として再生することが叶わなくなったりします。

さらには驚くべきことに、何が入っていたのかと思ってしまうような油分でべた付いた状態や、食品などの食べ残しが付着している状態、元々箱に収められていたと思われるものが入ったままの段ボールなどが回収されていることもあるそうです。

あまりにも状態がひどい段ボールは、再生してきれいな段ボールとして生まれ変わることは難しくなってしまいます。

段ボールは使用することによって古紙となるのですから、ある程度の劣化は仕方がありませんが、あまりにも状態がひどい段ボールはたとえ回収がきちんとされていても、そのまま再生することは不可能です。

新しい段ボールへと確実な再生を行うためには、どのような段ボールの状態でリサイクルに出すべきなのかを知っておくべきです。

廃品回収に出してしまったらその後のことは知らないというのではあまりにも無責任ですので、ここは個人の意識が問われる問題だと思われます。


段ボールから環境を考えるは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、段ボールから地球温暖化の原因や今後の取り組みについて解説しています。