HOME >> 段ボールから環境を考える >> 自分の生活していく環境の変化

自分の生活していく環境の変化

動物に比べると人は多少長生きするという面もあるかもしれませんが、それでも長生きしたって80年前後といえるでしょう。

そんな80年間の間に、皆さんの周りでは何かが変わりましたか?生活環境はもちろんの事、それは自分が歳をとったからとかではなく、その他にも世界が変わったと思う所は多くなってきていませんか?
ビルが増え木々が下ってコンクリートジャングルと呼ばれる世の中になりつつあるこの世界ですが、そうやって木々が減り自然が減っていくことで起こる地球温暖化、それは人々に、世界にどういった影響を及ぼしているのでしょうか。

こうした地球温暖化が起こっているといわれていても、それでも木々を減らすのにはどういった理由があるのでしょうか?皆さんにとっては日常的に紙で出来ているものなどはよく利用すると思います。

再生紙などであればある程度リサイクルできているでしょうし、ダンボールなどもその一つといえるでしょうけど、いくらダンボールなどがリサイクルで作られているために、新しい木々が必要ない場合が多いといえど、それでも木々を切り落とし様々な事に使っているのに変わりはありません。

こうして変わらないでマイナスの事実が起きていけば、皆さんの生活していく環境はどんどん悪い方向にばかり傾いていくのです。


段ボールから環境を考えるは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、段ボールから地球温暖化の原因や今後の取り組みについて解説しています。