HOME >> 段ボールから環境を考える >> 木と環境問題

木と環境問題

木というのはこの世界を作っていくのにとても大切な物になってくると思います。

森林伐採による環境問題などはいろいろとある事でしょう。

そんな環境問題に皆さんが目を向けて行ったとしても、流石にすぐに木を生やしたりする事は出来ないでしょうし、年々減っていっている自然の中、突然それを作り直すというのは不可能に近いものがあると思います。

ダンボールや新聞、チラシやコピー用紙などの紙類などは木から出来て居るものですから、それらを利用し続ければ木々がより減っていくのも確かです。

そうやって利用しなければいけない資源というのがあるのにも関わらず、人はそれを利用しないという術がまだありません。

そうなると、出来るだけその資源を使わないように減らすか、使ってしまっても再利用をしていくかという選択肢ばかりになってしまうのだと思います。

森林伐採による環境問題などが起きているのに関わらず、ダンボールだコピー用紙だとそういった日常的にも使うものでより資源を減らしてもいられないので、今はとにかく工夫を凝らし、むしろ今よりは木々を増やしていける世の中になるのが理想的ではないでしょうか。

環境問題というのは様々なところから影響していますので、皆さんがまるきり関係ないだとか、日々行っている小さな問題防止が力にならないわけではありません。


段ボールから環境を考えるは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、段ボールから地球温暖化の原因や今後の取り組みについて解説しています。