HOME >>

段ボールから環境を考えるへようこそ!

当サイトへアクセスしていただき、ありがとうございます。

段ボールから環境を考える

段ボールの古紙利用率は90%を超えています。

しかし、森林の違法伐採も行われているのが、現状です。

そんな中黄金の木と呼ばれている、木は乱伐採の影響で絶滅の危機に瀕しています。

様々な要因が複雑に混ざり合い気候変動を起こしています。

自然の要因には大気自身に内在するもののほか海洋の変動、火山の噴火によるエーロゾル(大気中の微粒子)の増加、太陽活動の変化などがあり、特に、地球表面の7割を占める海洋は、大気との間で海面を通して熱や水蒸気などを交換しており、海流や海面水温などの変動は大気の運動に大きな影響を及ぼしています。

一方、人為的な要因には人間活動に伴う二酸化炭素などの温室効果気体の増加やエーロゾルの増加、森林破壊などがある。

近年は大量の石油や石炭などの化石燃料の消費による大気中の二酸化炭素濃度の増加による地球温暖化に対する懸念が強まり、人為的な要因による気候変動に対する関心が強まっている。

このサイトでは、地球温暖化の原因や今後の取り組みについて解説しています。

段ボールから環境を考える記事一覧

段ボールから環境を考える

段ボールから環境を考える

当HPについて

段ボールから環境を考えるは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、段ボールから地球温暖化の原因や今後の取り組みについて解説しています。